発達障害とは

発達障害についての情報をお届けします

発達障害

発達障害児がイライラしやすい原因は?

2017/07/21

イライラする理由

 すべての発達障害児に当てはまるとは言い切れませんが、発達障害をもつお子さんはとてもイライラしやすい傾向があります。

それはどのような理由なのでしょうか?

初めに発達障害の子の特性を確認してみましょう。

スポンサーリンク

ASD(自閉スペクトラム症)

こだわりが強く、対人関係が苦手。
まわりからは些細なことでキレる人と思われがち。

ADHD(注意欠如・多動症)

落ち着きがなく、衝動的な言動が目立つため、まわりからは急にキレる人と思われがち。

SLD・LD(極限性学習症)

特定の学科の勉強が苦手。
まわりからは勉強が嫌いですぐにイライラする人と思われがち。

 

これらの特性は発達障害の子が社会生活を送るうえで困難を引き起こしてしまいます。

もし、周りがこの特性を理解できていれば多少の問題も対処できたり、サポートしてもらえたりして困難が軽減します。

しかし、周りが無理解な環境では、本人がいくら努力しても周りの理解が得られずにストレスが溜まってしまいます。

それがイライラの原因になってしまいます。

発達障害があって普通に生活するだけでも生きづらいのに、このことを誰にもわかってもらえなければ、つらい思いをして当然です。

発達障害の子が理解されていないパターン

・我慢を求められる
 「ほかの子と足並みをそろえて」「落ち着いて」「集中して」などと注意され、苦手なことを強要される。

・まわりと対立してしまう
 もともと本人にはいがみ合う気はないのに、何度も叱られるうちにまわりと対立する。

・みんなに嫌われる
 わざと人を傷つけようとしているわけではないのに、身勝手だと思われ、嫌われてしまう。

・わかってもらえない悲しさ
 一生懸命がんばっていても「努力不足」「自分勝手」などと注意される。いつも悪者扱いされ、思いが伝わらないことに絶望する。

・怒るしかない状況に
 何を言っても状況がよくならず、自分の思いを伝えるためには怒るしかない状況になっていく。

 

 発達障害への理解が得られないまま、責められたり、叱られたりしていると、子どもは人を信じられなくなり、孤立していきます。

本人にしてみれば、抵抗して怒りをぶつけるしかない状況になっていくのです。

この状況が続くと、2次被害を引き起こしてしまいます。

2次被害については以下の記事を参考にしてください。

発達障害の2次被害である反抗挑戦性障害と行為障害

これは避けたい 子どもの怒りを誘うセリフ

  1. 言うことを聞いて(要求する)
  2. ちゃんとやらないから(子どものやり方を否定する)
  3. どうしてできないの(理由をただす)
  4. 当たり前じゃない(頭ごなしに言う)
  5. たいしたことじゃないよ(子どもの悩みを軽視する)
  6. ○○しちゃダメだよ(禁止する)
  7. どうせ同じでしょ(決めつける)
  8. やめなさい!(強圧的な大声)
  9. ダメね~(感情的な否定)
  10. 知らないよ(突き放す)

子どもを叱るときは、親として要求しすぎないように気をつけてください。

これをしなさい、あれはやめなさいと要求してばかりいると子どもの怒りを誘います。

まずは子どものやり方を認めましょう。

-発達障害
-, , ,