発達障害とは

発達障害についての情報をお届けします

発達障害

発達障害とは?

2017/06/26

PED_retuninarabukodomotachi-thumb-815xauto-13305

発達障害とは

 発達障害とは、発達障害者支援法には「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されています。

発達障害のある子どもは、他人との関係づくりやコミュニケーションなどがとても苦手ですが、優れた能力が発揮されている場合もあり、周りから見てアンバランスな様子が理解されにくい障害です。

以下に、発達障害のある人を理解するために、主な発達障害の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

自閉症スペクトラム障害

 自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害のことです。
主に、相互的な対人関係の障害、コミュニケーションの障害、興味や行動の偏り(こだわり)の3つの特徴が現れます。
自閉症スペクトラム障害の人は、最近では約100人に1~2人存在すると報告されています。

参考自閉症とは?

注意欠如・多動性障害(ADHD)

 発達年齢に見合わない多動‐衝動性、あるいは不注意、またはその両方の症状が、7歳までに現れます。学童期の子どもには3~7%存在し、男性は女性より数倍多いと報告されています。男性の有病率は青年期には低くなりますが、女性の有病率は年齢を重ねても変化しないと報告されています。

参考ADHDとは?

学習障害(LD)

 全般的な知的発達には問題がないのに、読む、書く、計算するなど特定の事柄のみがとりわけ難しい状態をいいます。有病率は、確認の方法にもよりますが2~10%と見積もられており、読みの困難については、男性が女性より数倍多いと報告されています。

-発達障害
-, , , , ,